MENU

バイクの廃車にはお金をかけず売却する

 

もしかして、お金を払ってまでバイクを廃車にしようとしていませんか?

 

ディーラーや最寄りの買取店で廃車にするしかないと言われても全く気にする必要はありません。

 

全国にはそういったバイクでも買い取りたいという企業もあるんですよ。

 

実際に、事故車や不動車でも思わぬ価格が付いたケースだってあります。

 

 

どんなバイクでも、修理して格安に再販したり、修理できないバイクはパーツだけを中古品として市場に流し利益を上げる事も可能なんです。

 

もったいないですよね?

 

本当は売れるのにお金を払ってまで廃車にしてしまうのは。

 

『そんな事より、どこが買い取ってくれるの?』

 

もちろん、買取店によっても得手不得手があるので、どこでも廃車前のバイクを買い取れる訳ではありません。

 

だけど、一社ずつ売れるかどうか確認して行くのはとっても大変ですね。

 

そこをかんたんに調べる為にあるサービスが、無料のバイク一括査定なんです。

 

 

こんな時こそ積極的に活用するサービスなので、ぜひこの機会に最高額を叩き出してみてください。

 

 

完全無料のバイク一括査定サービス(全国対応版)

29秒で最高額が分かるバイク比較.comは月間の利用者数がNO.1の人気サービスとなっています。
全国69社の買取店の中から最大6社までの査定比較が可能で、高額査定を付けてくれると評判のバイク査定ドットコムも参加中です。もちろん全国対応です。

 

月間利用者数No.1

バイク比較.comはこちら

 

参加業者は7社と少なめですが、
買取店が見つかり成約に至れば、楽天2000ポイントがプレゼントされます。
査定業者を先に選べるため、あまり多くの企業の見積もりは要らない方には好評です。

 

知名度・ブランド力No.1

楽天バイクはこちら

 

 

バイクブロスは、他サービスに比べ参加業者が120社ともっとも多いため、廃車前のバイクでも高く買い取れる企業が見つかる確率が上がります。
最大8社までの査定比較が可能で、手数料や査定費は一切必要ありません。
期間限定でQUOカードがもらえるキャンペーンもやっています。

 

参加業者数No.1

バイクブロスはこちら

 

ご利用から査定費まで全て無料です。買取店を多く見つけるために、全てのサービスに登録される方も居らっしゃいますが、査定漏れを無くすためにはとっても賢い方法です。

自分でバイクの廃車をするには?手続き場所や流れは?

もしも、ご自身でバイクを廃車にする場合について流れ・行う順番、手続き場所について記載します。

 

まず、行う順番ですが、

 

  1. ナンバープレートを取り外し、
  2. 廃車手続きを行い、
  3. バイクを解体処分する

 

という流れになります。

 

もし、バイクを解体する場合(永久抹消)は、解体業者にバイクを引き渡しナンバプレートをもらい受けて下さい。
もしも解体しない場合(一時抹消)はプレートをご自身で取り外しそれぞれの手続き場所に持参します。

 

 

また、バイクは排気量によって、手続きする場所が異なるのでご注意ください。

 

125cc以下のバイクであれば、廃車手続きは役所で行います。
排気量が125ccを超えるバイクであれば、陸運支局で手続きを行う流れです。

 

元々、排気量でナンバープレートの管轄が異なるため、それぞれ管轄の場に返納し手続きを進める必要があるわけです。

 

必要な申請書や申告書はそれぞれの管轄の場で入手します。

 

ですから、自宅で必要書類をまず揃えたい場合には、ナンバープレートを外すよりも、必要書類の準備が順番としては最初になるかもしれません。

 

 

 

加えて、125ccを超えるバイクは陸運支局で手続きしますが、251cc以上であれば軽自動車税の申告も必要です。

 

排気量によって手続き内容も変わることを注意点としておき、次に手続き場所必要書類を確認して下さい。

 

125cc以下のバイクや原付の廃車方法

 

『行く場所』
現在、お住まいの地域を管轄する市区町村の役所で手続きを行います。

 

『必要書類』

  • ナンバープレート
  • ※標識交付証明書
  • 印鑑。認め印です。
  • 身分証明書
  • 廃車申告書は役所で入手し書き込めば完了します。

 

※(標識交付証明書は市区町村によっては発行していない場合もあります。紛失した場合も気にせず役所に手続きに向かいましょう。)

 

126cc〜250ccの廃車方法

 

『行く場所』
126ccを超えるバイクの廃車登録はお住まいの地域を管轄する陸運局・運輸支局で手続きを行います。

 

『必要書類』

 

  • ナンバープレート
  • 印鑑。認め印で問題ありません。
  • 身分証明書
  • ※軽自動車届出済証

※(軽自動車届出済証を紛失した場合は陸運局で廃車前に再交付の手続きを行います。3ヶ月以内の住民票と自賠責保険(有効期限がある場合)が必要になります。)

 

『陸運局で入手する書類』

 

  • 軽自動車届出済証返納届
  • 軽自動車届出済証返納証明書交付請求書

 

251cc以上の廃車方法

『行く場所』
251cc以上のバイクの廃車手続きも陸運局で手続きを行います。

 

『必要書類』

 

  • ナンバープレート
  • ※車検証
  • 印鑑。認め印で問題ありません。

※(車検証の所有者欄と登録を行う人が違う場合は委任状が必要になります。所有者がディーラーやクレジット会社になっている場合は先に所有権解除をしてもらわなければいけません。)

 

『陸運局で入手する書類』

 

  • 末梢登録申請書
  • 手数料納付書
  • 軽自動車税申告書

 

引越し後も住所変更をしていない方は、住民票が必要なります。

 

また、自賠責保険の残存有効月数があれば還付金を受け取れます。
自賠責保険に記載されている保険会社にて解約を届け出ます。

もしも、バイクを廃車にする場合は費用っていくらぐらいかかるの?

バイクの廃車を自分で行う場合に掛かる費用としては、それぞれのケース(全て業者に任せるか、自分で行うか)によって無料から数万円といった見積もり額になります。

 

もし、完全な廃車でバイクを解体する場合には、専門の解体業者に依頼する必要が生じます。

 

バイク廃車時での費用の内訳は、

 

  • 抹消登録の費用
  • 引取りの収集運搬費用
  • 解体費用

 

の3つです。

 

リサイクル料を収めていない古いバイクであれば、4千円台から6千円台を求められる場合もあります。

 

以前は申請書も有料でしたが、現在では無料のため手続きでの書類代は生じません。

 

 

また、末梢の手続き方法でも費用が異なり、

 

永久抹消登録であれば手数料は無料一時抹消であれば中型二輪では500円、大型二輪は350円掛かります。

 

 

次に、引取りの費用や解体費用は業者により異なり、どちらとも合わせた相場としては、3千円台から2万円位です。

 

自分で持込をし、解体費用を取らない業者を利用できれば無料で済みます。

 

 

もし、廃車手続きも業者に代行してもらうのであれば、手続き代行料の相場は5千円から1万円ほどです。

 

総合して全てお任せした場合にかかる費用は、トータル1万円〜3万円ぐらいとなります。

 

 

ただし、業者への渡し方によっては無料で済ますこともできます。

 

廃車するバイクを買い取りにしてもらう形にすれば、費用が一切かからずに譲渡できる場合が多いからです。

 

バイクに値が付くケースになればラッキーで、もし値が付かなくとも買取の形になれば、わざわざ廃車手続き代行を依頼する必要が無くなります。

 

だからこそ、当サイトでは廃車にする前にバイク一括査定での値段調査をされる事をお勧めしております。

廃車時の一時抹消と永久抹消の違いって何?今後、再登録する場合には注意!

 

バイクの廃車での一時抹消と永久抹消の違いは、一時的に登録を抹消するか、解体してしまいバイクとして利用しないのかの違いです。

 

(車の場合の廃車手続きと同様です。)

 

 

また、廃車手続きをした後で解体処分するつもりであれば廃車の証明書は要りませんが、一時抹消を行い、いずれ再使用するつもりであれば廃車証が必要です。

 

再登録の際に廃車の証明書の提出を必要とするからです。

 

 

一時抹消にしても永久抹消にしても、廃車手続きをすること自体は変わりません。

 

それぞれナンバー管轄されている場にて、廃車の手続きを進めます。
(上記の手続き場所を確認して下さい。)

 

注意点として、一時抹消したい場合には、バイクの排気量により、必要書類が変わる場合もありますし、そうでない場合もあります。

 

それでは、バイクの排気量によって異なる一時抹消での廃車手続きについて確認して下さい。

 

 

 

原付など125cc以下のバイクであれば、たとえ永久抹消でも一時抹消するつもりでも、役所での廃車手続きを進めます。

 

特に一時抹消だからといって、特別な手続きや書類を必要としません。

 

廃車手続き後に廃車証が発行されるので、これを保管します。

 

再使用する際の再登録の手続き時に必要となるからです。

 

 

126cc以上のバイクであれば、管轄の陸運支局にて廃車手続きを行います。

 

その際に、一時抹消としたい場合には提出する書類が一つ増えます。

 

請求をしなければ、再登録の際にいる廃車の証明書が貰えないからです。

 

 

 

126ccから250ccの軽二輪バイクの一時抹消であれば、提出する書類に軽自動車届出済証返納証明書交付請求書を加えます。

 

言わば廃車証明を請求する書類ですが、これを提出しなければ再登録の際に必要な書類がもらえません。

 

それにより軽自動車届出済証返納済確認書、それから軽自動車届出済証返納証明書がもらえるので、再登録時のために保管します。

 

 

 

251cc以上の大型二輪のバイクであれば、一時抹消には手数料納付書に印紙を貼ります。

 

その書類により廃車の証明書を請求し、廃車手続き後に証明として自動車検査返納証明書が発行されます。

 

 

 

どちらも有料での請求であり、永久抹消であれば廃車の証明書を請求する必要がないため、手続き料も無料で済むわけです。

 

 

バイクの廃車の一時抹消と永久抹消での手続き時に異なる点のまとめとしては、再登録(今後また乗る予定がある場合)では、のちの手続き時に証明書が必要であるため、その請求が必要かどうかで異なるだけとなります。