MENU

標識交付証明書って何に使うの?再発行は必要?

標識交付証明書は、原付を含む125ccまでのバイク登録時に、ナンバーを管轄する区市役所から発行されます。
日本全国、全ての自治体で発行している書類ではありません。)

 

標識交付証明書のサンプル

(自治体により形式や掲載内容は異なります。)

 

記載されている内容は、

  • ナンバープレート番号
  • 使用者もしくは所有者の住所・氏名
  • 登録年月日
  • 車名(メーカー名)
  • 車体番号
  • 総排気量
  • 型式
  • 原動機の型式
  • 型式認定番号

などなど、バイクに関する重要な事が書かれており、

 

 

発行していない自治体もあり、もらっていないという方は、登録時の標識交付申請書に承認済みの印鑑が押された書類を代用しているケースも御座います。

 

原付バイクなどは、管轄が自治体になるため、それぞれの区域で対応が異なります。


 

標識交付証明書が必要な場面は、

  • 廃車にする場合
  • 名義変更する場合
  • 車種を乗り換える場合

に提出が必要な書類です。
(こちらも自治体により対応が異なります。)

 

 

 

もし、標識交付証明書は紛失していても、廃車に出来ますが、上述した番号の記載が必須のため、お持ちの場合は必ず持参して下さい。

 

標識交付証明書ってどんな書類?紛失したんだけど再発行方法は?関連記事:原付バイクを廃車にする際の廃車申告書の書き方

 

また、この書類は、

  • 車検証の代わりとなり、自分のバイクと公的に証明するため、
  • 軽自動車税の支払い者を決定するため、
  • 事故などの際には原本を求められる

などなど重要な書類となっています。
(再発行方法は後述します。)


 

また、自賠責保険や民間の保険加入する際には、標識交付証明書に掲載の車体番号(車台番号)が必要になります。

 

その他、廃車時と同様に、譲渡する際には、

  1. 車名
  2. 型式
  3. 車体番号
  4. 原動機の型式

の4つが必要になってきます。

 

これらの番号は、バイク本体から調べ出す事も可能ですが、もし紛失してしまった場合は、再発行をしてしまいましょう。

 

再発行の方法って?必要な持ち物は?

 

標識交付証明書の再発行は、ナンバーを管轄する区・市役所の税務課や市民税課で再発行の手続きを行います。

 

また、窓口で入手する『標識交付証明書再発行申請書』という書類に記入を行いますので記載項目をご確認ください。

 

 

『申請書のサンプル画像&記入例』(各自治体で書式は異なりますが、記載内容は概ね同じです。)

 

標識交付証明書再発行申請書のサンプル画像

(2007年式ホンダディオを参照)

 

 

もし、所有者本人が申請書を出しに行く場合は、

  • 身分証明書
  • 印鑑(認め印、シャチハタ不可)
  • ナンバープレート番号
  • 車体番号

ナンバプレートの全ての記号と車体番号は、どの自治体でも、申請書の記載に必要になるため、メモ帳にでも記載して持って行きましょう。

 

 

ヒント車体番号は、自賠責保険証に記載されている場合もありますので、一度ご確認ください。
もしくは、原付バイクの本体にプレートが付いておりそちらにも記載されています。

 

車体番号の例:AF07-1234567

 

また、車体番号を石刷り(拓本)した紙が必要な自治体や、車体番号を写真で撮影しプリントでも可の自治体も御座います。

 

必要な物の詳細は、事前に電話もしくは各自治体のHPでご確認ください。


 

 

もし、代理人が行く場合は、

  • 委任状
  • 代理人の印鑑

 

ただし、代理人だと、委任状に使用者または所有者の印鑑・捺印が必要になります。

 

 

ヒント各自治体の公式サイトには、

  • 再発行申請書
  • 委任状

の2つをウェブから印刷できる自治体もあるので、そちらを印刷し記入して持って行くのが一番手っ取り早いです。
検索は、地域名+標識交付証明書再発行。

 

もしくは、委任状を含む、必要な書類だけ郵送してもらえないかお尋ねください。

 


 

標識交付証明書は紛失しやすい書類ですが、再発行方法は意外に簡単にしてもらえます。

 

 

標識交付証明は無くても、売却する事は可能です。
たとえ、廃車前のバイクであっても、査定額はしっかり比較しておきましょう!

 

廃車バイクでも売れたなんて!トップページへGO⇒⇒
(廃車前のバイクが売れる理由や、口コミからおすすめの無料一括査定サービス、自分で廃車にする方法などを掲載中!)