MENU

廃車証明書が無いから、再登録や譲渡が出来ない場合は?

 

バイクの廃車証明書を無くした場合、再発行の方法は廃車時同様に排気量により手続き場所も異なります。

 

また無くさないのが一番ですが仮に、書類を紛失していても要は公道を走れるように再登録出来れば良い訳なので、再交付方法とともにその点についても見ていきましょう。

 

 

原付バイクなど125cc以下の場合は?

 

まず、原付など125cc以下のバイクを廃車した際には、役所で廃車証明をもらいますが、それを紛失したのであれば、やはり同じ役所で再発行手続きをします。

 

持ち物は身分証明書と印鑑です。本人以外であれば委任状が必要になります。

 

 

ただ、バイクの再登録する場合で、廃車証が無ければ、その他の書類で登録が出来る自治体もあります。

 

  • 譲渡証明書(その人に譲渡した事を証明する書類)、
  • 販売証明書(バイク販売店などが販売したという書類、個人では出せません。)
  • 車体番号を石刷りした書類

 

車体番号とは、バイク本体に刻印されている番号(アルファベットと数字の組み合わせ番号)の事で、1台ごとに異なり、製造年、メーカーや車種が分かるだけです。

 

 

石刷り方法は、車体番号に紙をあて、ずれないようにテープで固定し鉛筆でなぞる方法。もしくは、マスキングテープなど鉛筆で書けるテープを車体番号にあて、鉛筆でなぞりそのテープを紙に貼り付ける方法があります。

 

(メーカー車種によって車体番号の場所が異なりますし、他にもエンジン番号の刻印があるため間違わないようにご注意ください。)

 

この辺は自治体によって異なるので、お住まいの地域の区・市役所内にある税務課で問い合わせてみれば、理由を聞かれた上で廃車証の再発行、もしくは上記の書類で代替してもらえるでしょう。

 

また、廃車手続きをした日付が分かっていると、再発行のための役所での確認もスムーズに進みやすいです。

 

126cc~250ccのバイクの場合

 

126ccから250ccのバイクであれば、廃車時に証明書の発行を申請したことで、2つの書類を陸運支局にて受け取るはずです。

 

軽自動車届出済証返納済確認書(オレンジ色の紙)と軽自動車届出済証返納証明書(自動車重量税用の白い紙)の2枚の書類です。

 

(廃車から再登録する場合に紛失している可能性のある書類はこの2つのみで、他の書類についてはいつでも準備出来る書類のみです。)

 

この書類を紛失している場合は、ナンバーを管轄する陸運支局で再交付してもらいます。

 

 

必要書類は、

 

  • 譲渡する側(現在の使用者)の3ヶ月以内に発行された住民票
  • 譲渡する側(現在の使用者)の印鑑
  • 車体番号の石刷り
  • 紛失した理由を書く理由書と再交付申請書は陸運局で購入(数百円程度)

 

ただし、廃車した日から5年経過している場合は再発行できない場合があるのでご注意ください。(登録の情報を保持している期間は5年間)

 

251cc以上の場合は?

 

251cc以上であれば自動車検査証返納証明書が、廃車時に申請すれば発行されており、再登録時には必要になる大事な書類です。

 

 

もし紛失した場合には再発行は出来ませんが、自動車検査証返納証明書の遺失届を軽自動車検査協会に提出する事でバイクの再登録(中古新規検査申請)ができる可能性があります。

 

必要なのは、

  • 廃車時のナンバーと車体番号、
  • 所有者の氏名・住所、
  • 返納した年月日、
  • また返納時と新たに再登録する人が異なる場合は、譲渡証明書が必要です。
  • 車体番号の石刷り

 

要は廃車にした本人であるか、もしくは廃車にした人から譲り受けた者であるかを証明できれば再登録出来る可能性があるという事です。(こちらも廃車日(返納日)から保存期間は5年以内です。)
また書類審査に1週間ほどの期間が必要になります。

 

もし、車体番号などが分からない場合は、軽自動車検査協会で検査記録事項等証明書という書類の交付を請求すれば、それらの番号や廃車登録をした日付が確認できます。

 

この際の持ち物は所有者の印鑑が必要になります。

 

陸運支局によっては、必要な書類が異なる事もあるので、分かるものをご用意した上でお尋ねください。

 

もし、廃車証の再交付も出来ず、再登録も出来ない場合は、バイク屋さんにそのまま買い取ってもらう方法も視野に入れて下さい。

 

高額買取のバイク屋さんを探すにはこちらから⇒⇒

 

オークションや部品取りで処分してしまうのは、買取額を見てから決めても遅くはありません。

 

以上ですが、再交付には費用も手間もかかり、100%再交付出来る訳ではないので次回からは大事に保管するようにして下さい。