MENU

盗難された場合にすぐやる事と手続き方法について確認

 

盗まれたバイクを廃車にする時に、まずやる事と行く機関は、被害届と盗難届を警察署に届けるべきです。

 

 

なぜならば、その盗難されたバイクで、駐車禁止などの違反や事故での責任が生じた場合、書類上はまだ持ち主である自分が責任を問われることもあるからです。

 

また、毎年4月1日の時点で軽自動車税の支払いが持ち主に請求されるため、手元にないバイクのために、税金を払い続けなければならなくなってしまいます。(盗難の届出をしただけでは廃車登録した事にはなりません。)

 

 

気持ちを切り替えるのは難しいと思いますが、盗難されたバイクは早いうちに廃車手続きを済ませるという事を最初に考えるようにして下さい。

 

 

この際の手続き方法は、基本的にはナンバープレートを紛失した場合と変わりません。

 

125cc以下ならばナンバー管轄の役所にて、そして125ccを超える場合は陸運支局にてと、通常の廃車時と同様の機関で行います。

 

 

125cc以下の場合には?

 

125cc以下の場合には、軽自動車税廃車申告書兼標識返納書(ケイジドウシャゼイハイシャシンコクショケンヒョウシキヘンノウショ)を役所にてもらいます。

 

 

この廃車の申告書には盗難された旨を記す欄がありますから、

 

申告の理由:

 

盗難、紛失にチェック

 

 

盗難届出欄:

 

  • 標識返納(ナンバープレート)が無い理由
  • 盗難年月日
  • 被害年月日
  • 届出警察署(交番の場合はそちらも記入)
  • 受理番号

 

これら警察署へ届け出た際の盗難届受理番号も含めて必要事項を記入します。

 

その他の必要書類は、

 

  • 印鑑
  • 身分証明書
  • 標識交付証明書

 

※(標識交付証明書とは、車でいう車検証のようなもので、ナンバーを発行したという証明書です。
もらえるタイミングはナンバー発行時になるため、バイク店で購入した場合は通常その時にもらい受けます。
もし紛失している場合は、そのバイクを登録をしてある区市役所で再発行してもらいます。再発行時には印鑑と身分証明書が必要です。)

125cc以下の排気量であれば、廃車登録は区市役所で行うため、もし紛失している場合はその際に発行してもらえば大丈夫です。手数料はかかりません。

 

125ccを超える場合には?

 

125ccを超える場合には、通常の廃車手続きで必要となる書類に加えて理由書を用意します。

 

この理由書は、手続きを行う陸運局にて入手して下さい。

 

理由書

 

  • 車両番号はナンバープレートの番号です。
  • 車体番号は(アルファベットと数字の組み合わせ-数字のみ)の番号です。
  • 理由書提出の事由(じゆう)は該当する項目全てにチェック。
  • 盗難された年月日
  • 届出を行った警察署
  • 届出日とその際に発行された受理番号

 

これらを記入し陸運局に提出します。
(ナンバーや車体番号が分からない場合は、購入したショップで聞く、もしくは分かるものだけを陸運局まで持っていき、手続き方法をお尋ねください。)

 

 

その他に必要になる書類は、

 

  • 印鑑(所有者と使用者の印鑑が異なる場合は両方が必要。)
  • 身分証明書
  • 軽自動車届出済証(紛失した場合は、陸運局にて再発行が可能です。3ヶ月以内の住民票が必要です。)
  • 軽自動車届出済証返納届(陸運局にて購入します。)
  • 申請書として軽自動車届出済証返納証明書交付請求書(6枚つづりになっており陸運局にて購入します。)

 

 

251cc以上の場合には?

 

251cc以上の場合には、上記の理由書と併せて、

 

  • 末梢登録申請書(陸運局にて購入)
  • 手数料納付書(登録印紙として350円分を貼り付ける)
  • 車検証

が必要になります。
(車検証も同時に盗まれた場合は上記にある理由書欄でチェックを入れて下さい。ナンバプレートも同様にチェックします。)

 

 

以上長くなりましたので、まとめますと

 

盗まれたバイクを廃車にする時に通常と異なる点としては、まず警察署へ行き被害届と盗難届を出すことが一つです。

 

そして、廃車手続きを行う機関は通常の場合と変わりありませんが、提出する書類(125ccを超える場合には理由書が必要になる。)には警察署への盗難届での受理番号を記す必要がある、それがもう一つです。

 

つまりは通常時と比べて、2つ異なる点がある、と捉えればよろしいです。

 

もしも、盗難され廃車にした後に見つかって再登録したい場合は?

 

廃車手続きを行った後に、運良くバイクが見つかりまた公道を走りたい場合は再登録を行う手順と同様です。

 

この際には、廃車時にもらった書類が必要になります。

 

  • 125cc以下の場合は『廃車証』
  • 126cc~250ccの場合は、『軽自動車届出済証返納証明書と軽自動車届出済証返納済確認書』
  • 251cc以上の場合は、『自動車検査証返納証明書』

 

これらは大事な書類になりますので紛失しないようご注意ください。
また、その他の再登録時に必要になる書類や手続き方法はトップページの廃車後の名義変更について(再登録時も手続きは同じです)をご確認ください。