MENU

排気量ごとに見るバイクの相続手続き方法

 

バイクの名義人、つまり持ち主が亡くなってしまった場合には、

 

  • バイクの名義変更を行って相続するか、
  • 売却や廃車等によってバイクを処分するか

 

のいずれかを選択することになります。

 

この際の手続き方法はバイクの排気量に応じて若干異なるので、それぞれのクラス毎に定められた正しい手続き方法について整理しておきましょう。

 

 

なお、相続は行うが処分をしない(乗らずに保管を)選択をする場合では、まず廃車手続きから進める必要があります。
※廃車手続きを行わないと軽自動車税が課税されてしまいます。

 

また、原付バイクの相続は、同市区内とそれ以外の方が相続する場合では手続きが異なりますのでその点も見ていきましょう。


また、廃車手続きについては、トップページと内容がかぶりますが、それぞれの排気量ごとに合わせてご確認ください。

 

 

原付など125cc以下のバイクを相続する場合

 

まずは125cc以下のバイクですが、これは「原付バイク」として扱われます。

 

原付バイクの相続手続きは、ナンバープレートを管轄している市区町村の役場で行うことになります。

 

例えば、東京都練馬区のナンバーであれば練馬区役所で、東京都町田市の多摩ナンバーであれば町田市役所で相続手続きを行うことになります。

 

 

亡くなられた方と同じ市区内に住む方が、ナンバーを変更せずそのまま相続する場合は名義変更のみで手続きが行えます。


 

こちらの、名義変更のみの相続に必要な書類は、

 

  • ナンバープレート
  • 標識交付証明書(ナンバープレート交付時にもらった書類。紛失時は申し出て下さい。)
  • 印鑑
  • 身分証明書(本人の確認が出来る運転免許証など)
  • 相続人申立書(手続きをする窓口で入手します。)

 

を管轄する区市役所に持参し、手続きを行って下さい。

 

相続人申立書(受付する窓口にあります。)に記載する氏名と手続きを行う届出人は同一の方でなければいけません。

 

また、同世帯以外の方が相続する場合は、法定相続人と分かる戸籍謄本や除籍謄本が必要になります。

 

 

 

次に、

  • 同一市外の方が相続する場合
  • 処分はせず相続は行いますが、乗らない場合(廃車手続きを行わないと税金がかかります。)
  • 他者に売却や譲渡をする、または処分をする場合

について見ていきましょう。
こちらのケースでは、一度廃車手続きを行う必要があります。


こちらの廃車手続きは通常通りですが、

  • ナンバープレート
  • 標識交付証明書
  • 廃車申告書
  • 印鑑
  • 身分証明書

を持参します。

 

廃車申告書は各役所の窓口で配布されている物を使用しますが、役所のホームページ上からダウンロード出来る場合には、プリントアウトして必要事項を記載しても構いません。

 

廃車申告書

廃車申告書の書き方

 

 

「所有者」の欄にはバイクの持ち主だった故人の名前を、「届出者」の欄には廃車申告書を作成している人物の名前を記載して下さい。

 

 

 

最後に、同一市外の方が相続する場合で、名義変更を行う際の手続きについて記載します。


名義変更には、

  • 上記の廃車申告書手続き後に受領した廃車証明書
  • 譲渡証明書
  • 軽自動車税申告書兼標識交付申請書
  • 身分証明書(本人の確認が出来る運転免許証など)
  • 新・旧所有者の印鑑

が必要です。

 

 

この手続きはバイクの新しい所有者となる方が住んでいる市区町村の役場で行います。

 

 

原付バイクは同じ市・区役所内で登録を管理するという決まりごとがあります。

 

たとえば、引越しであったり、市外の方に譲渡する際には、一旦その都市で廃車に(登録を抹消)してから、利用する都市で再登録し直さなければならないという制度と覚えておいてください。


 

つまり、亡くなった方が東京都練馬区に、相続を受ける方が東京都町田市にお住まいの場合には、まず練馬区役所で廃車手続きを済ませ、次に町田市役所で名義変更を行うという流れになります。

 

原付バイクの相続手続きは以上です。

126cc~250ccまでの軽二輪を相続する場合

126cc~250ccまでの軽二輪バイクの相続は、ナンバーを管轄している陸運局で行います。

 

陸運局は東京都内に限っても東京都運輸支局、足立、練馬、多摩、八王子と合計5ヶ所にあるため、廃車手続きを行う軽二輪のナンバーを確認し、正しい陸運局に出向いて手続きを行って下さい。

 

ちなみに、品川ナンバーは「東京都運輸支局」が管轄しています。

 

 

軽二輪バイクの相続は故人と相続される方の陸運支局の管轄が異なるか、同一であるかで手続き方法が異なります。
通常の名義変更手続きと同様です。)

 

 

故人のバイクを相続する方が、同じ管轄の陸運局にお住まいの方であれば、名義変更(記載事項の変更)のみとなります。

 

反対に、同一管轄外の方が相続をされる場合は、一度廃車手続きを行ってから、お住まいのエリアを管轄する陸運局で再登録をする流れになります。


  • また、相続はするけど乗らない場合、
  • 相続後に他者に譲渡や売却をする場合
  • 上述した他管轄エリアの方が相続をする場合

 

こちらは、一度廃車手続きを行う必要がありますが、一時抹消か永久抹消のいずれかを選択することになります。

 

 

一時抹消は相続をしても、しばらくの間バイクに乗るつもりが無い、他者に譲るまたは売却する予定があるという場合の手続き方法で、軽自動車税の支払い義務が無くなるというメリットを得られます。

 

もし、解体して完全に廃棄して処分するという場合に限っては永久抹消を選択して下さい。

 

 

陸運局には、

  • ナンバープレート
  • 軽自動車届出済証※1
  • 軽自動車届出済証返納証明書交付請求書(陸運局で入手します。)
  • 軽自動車届出済証返納届出書(陸運局で入手します。)
  • 印鑑

 

を持参しましょう。

 

※1、軽自動車届出済証を紛失している場合は、陸運局で軽自動車届出済証紛失届を入手し記入します。使用者の印鑑が必要です。

 

ただし、永久抹消を選択する場合に限っては、軽自動車届出済証返納証明書交付請求書を用意する必要はありません。

 

 

なお、申請の際には廃車手数料として500円と書類費の実費をそれぞれ収めることになります。

 

 

返納者の欄には実際にバイクに乗っていた所有者、つまり故人の住所と氏名を記載し、持参人の欄には書類を作成し陸運局に届け出た人物の名前と電話番号を記載します。

 

 

車両番号や車体番号、原動機の形式を記載する項目もありますが、車検証を参考にしながら記入すれば誰でも簡単に正しい情報を記載できます。

 

 

 

次の名義変更は、相続される方が引き継いで乗る(廃車にしない)場合に必要になります。


こちらは、陸運局において

  • ナンバープレート(ナンバープレートを変える場合)
  • 譲渡証明書
  • 軽自動車届出済証
  • 自賠責保険証明証(有効期限が残っている物のみ)
  • 軽自動車届出済証記入申請書(陸運局で入手します。)
  • 軽自動車税申告書(陸運局で入手します。)
  • 住民票(相続される方の3ヶ月以内発行)
  • 印鑑(故人の方と新所有者の両方)

 

が必要です。

 

この際の手続きは、相続される方がお住まいのエリアを管轄する陸運局で行うことになります。

251ccを超える小型二輪バイクを相続する場合

最後に251cc以上のバイクは「小型二輪車」として扱われます。

 

 

故人と相続される方(引き継いで乗る場合)の陸運局管轄エリアが同一の場合は名義変更のみを行い、
管轄エリアが異なる場合や、相続後に廃車や他者に譲渡する予定の方は廃車手続きが必要です。


陸運局で廃車の申請を行うことは軽二輪バイクの手続きと同様ですが、小型二輪車の場合には用意すべき品や書類が若干異なるため注意が必要です。

 

小型二輪車の廃車手続きには、

 

  • ナンバープレート、
  • 車検証、
  • 抹消登録申請書(陸運局で入手します。)
  • 軽自動車税申告書(陸運局で入手します。)
  • 委任状
  • 印鑑(故人、相続される方両方)

 

が必要であり、一時抹消の場合には手数料納付書を、代理で手続きを行う場合には委任状をそれぞれ追加で用意して下さい。

 

委任状に記載する委任者は、所有者となる人物の住所や氏名を記入し、押印して下さい。受任者は届出を出す方となります。

 

以上、ナンバープレートの返納と同時に必要な書類を提出することによって廃車手続きが完了します。

 

 

なお、一時抹消の場合には廃車手数料として350円を求められますが、永久抹消を選ぶ際に手数料がかかることはありません。

 

次に相続して引き継いで乗る場合など、名義変更を行うには、

  • ナンバープレート(番号を変える場合のみ)
  • 車検証
  • 譲渡証明書(故人と相続される方の両方の印鑑が必要です。)
  • 自賠責保険証明証(有効期限のある物が必要です。)
  • 住民票(相続される方の3ヶ月以内に発行されたもの)
  • 印鑑(故人と相続される方の両方の印鑑が必要です。)
  • 委任状(陸運局で入手します。)
  • 軽自動車税申告書(陸運局で入手します。)
  • 手数料納付書(陸運局で入手します。)
  • 申請書(陸運局で入手します。)
  •  

 

となり、ナンバープレートから印鑑までを持参し手続きを行う事になります。

 

 

以上、バイクを廃棄して解体やスクラップに回すのであれば、ナンバープレートを役所や陸運局に返納した上で処分してくれる会社を探すことになります。

 

 

解体業者に依頼すると5,000~10,000円前後の解体費用が請求されることが普通ですが、バイクの買取業者に引き取ってもらうことが出来れば、手続きもお任せ出来て買取も可能な事があります。

 

 

廃車バイクでも売れたなんて?

廃車バイクを高く売るなら!トップページへ

 

 

また、廃車手続きが完了した後には、必ず自賠責保険の契約期間を確認して下さい。

 

契約期間が1ヶ月以上残っている場合には、各保険会社と連絡を取り必要な手続きを行うことで保険料の返金を受けることが可能です。

 

参照:還付金制度について