MENU

ナンバープレートが無くても廃車は可能です。また再交付の方法も確認!

 

バイクを廃車にする際には、ナンバープレートは借り物のため返納しなければいけません。

 

 

しかし、もし盗難や落下など紛失している場合であれば遺失届を出せば廃車手続きは行えます。

 

 

まずは警察署へ行き遺失届を出し、その受理番号をもらうことで証明にします。

 

 

つまりは、その紛失したナンバープレートの代わりに、警察署でもらった遺失届受理番号が記載された書類も加え、通常と同様の廃車手続きを進めれば完了します。

 

 

仮に、125cc以下のバイクの際には、区・市役所で廃車手続きを行なうのですが、廃車申告書兼標識返納書を申込書として提出します。

 

 

その書類にはナンバープレートがない理由を記す欄があるので、そこに遺失届の受理番号を記さなければなりません。

 

 

 

また、125ccを超えるバイクの時には陸運支局で廃車手続きを行いますが、こちらも同様に必要な書類に加えて理由書にて紛失を説明する必要があります。

 

(理由書は陸運支局、もしくは軽自動車協会、またはダウンロードで入手します。手続き場所が都道府県により異なります。所有者もしくは使用者の印鑑が必要です。)

 

 

 

廃車にするのであれば、わざわざナンバー再発行の手続きをする必要はありませんが、プレートが無い状態で公道を走れば道路交通法違反になるのでこの点は注意して下さい。

 

費用につきましても特別に別途かかる訳では無く、手続きにひと手間かかるだけと捉えればよろしいです。

 

 

仮に、再交付してもらいたい場合の方法は?

 

再交付の場合も同様に排気量に関わらず警察に届け出た上で、届け出た警察署名・受理番号・届出日を記載した理由書が必要になります。

 

(理由書は125ccを超えるバイクのみ必要。汚れのみなどプレートが返却できる場合は理由書は必要ありません。)

 

 

行く機関は、こちらも125cc以下でナンバーを管轄する区・市役所、それ以上の排気量は陸運支局となります。

 

 

また、再発行時に汚れや破損などがあっても番号が正しく分かる場合は同じ番号となり、紛失や盗難の場合は番号が変更となります。
プレートをお持ちの場合は返却する必要があります。

 

 

125cc以下の再交付(原付)

125cc以下の原付は自治体により異なりますが、必要書類は

 

  • 自賠責保険証
  • 所有者の印鑑
  • 身分証明書(自治体により異なる)
  • 届出済証

 

届出済証は原付でいう標識交付証明書ですが、紛失の場合は同様に再交付が必要です。同区・市役所内にて印鑑のみで再交付出来ます。

 

また、プレートの紛失が、故意または過失ありで再交付の場合は弁償金として200円程度が必要になるケースがあります。

 

 

125cc超え~250ccまでの再交付(軽2輪)

 

  • 自賠責保険証
  • 印鑑(所有者と使用者が違う場合は両者の印鑑が必要)
  • 軽自動車届出済証
  • 理由書

 

軽自動車税申告書と申請書は、各陸運支局で入手出来ます。

 

251cc以上の再交付(小型2輪)

 

  • 車検証
  • 印鑑
  • 理由書

 

こちらも軽自動車税申告書と申請書、また手数料納付書は、各陸運支局で入手して下さい。

 

プレート代金は希望番号が4,000円程度、通常で600円程度となっています。

 

廃車バイクでも売れたなんて?

廃車バイクを高く売るなら!トップページへ