MENU

譲渡証明書は名義変更時に必要になる書類です。

譲渡証明書は、売買時などで名義変更をする際に必要になる書類ですが、
バイクの排気量により、この書類は必要と不必要に分かれますので、まずはご確認ください。

 

  • 原付を含む125cc以下のバイクは、名義変更時に必要ですが、標識交付申請書の譲渡欄に記載でもOKです。
  • ※1 126cc~250ccのバイクの名義変更時は必要な管轄と、必要ではない管轄があるためお尋ねください。
  • ※2 250ccを超えるバイクの場合は必要です。(軽を含む自動車の場合も必要)

 

 

 

次に、譲渡証明書のダウンロードと書き方を見ていきましょう!

 

PDF形式のダウンロードはこちら(国土交通省)
(譲渡証明書の型式は厳格なので、上記の国土交通省よりダウンロード後、印刷し提出する事をお勧めします。)

譲渡証明書の記載例

 

譲渡証明書の書き方

 

バイクの車名、型式、車体番号、原動機の型式の全て記入が必須です。

 

  1. 車名:バイクのメーカ名や会社名の事です。例、スズキ、ホンダ、トヨタなど
  2. 型式:車体に貼られているプレートやラベルを探し、型式認定番号と記載してある横の番号です。
  3. 車体番号:原付はステップの下の部分、もしくはシートを開けた箇所、それ以外のバイクはハンドルを左右に動かし、ハンドル下のフロントフォーク部分(ハンドルとタイヤをつなぐ棒)にプレートや刻印で記載されている事が多いです。
  4. 原動機の型式:ラベルに記載されている事が多いです。これは、バイクに搭載しているエンジン名なので車名+型式で検索すれば分かりますね。

(上記の詳細は、原付なら標識交付証明書、その他のバイクは自賠責保険証に記載されています。)

 

旧所有者の氏名・住所・捺印をして下さい。

 

  1. バイクや軽自動車までは、認め印でOK、(シャチハタは不可)
  2. 普通乗用車は実印での捺印(あわせて印鑑証明書)が必要です。

 

 

譲渡日と新所有者の氏名・住所を記入して下さい。

  1. 車両を譲渡された日、
  2. また新所有者となる方の氏名と住所を記入して下さい。

印鑑は譲渡人(バイクを譲る側)だけが捺印する箇所のため、新所有者は印鑑を押さないようにご注意ください。
氏名と住所の書き順はどちらが先でも問題ありません。

 

 

譲渡証明書は書き損じに十分ご注意ください。
ディーラーや販売店でもらった譲渡証明書を書き損じた場合は、失敗した書類と新しい書類と変更するのが一般的なので廃棄しないで下さい。
再発行は有料になる場合もあるため、鉛筆で書いてからその上でボールペンで記入すすようにして下さい。